オリヒメカード

オリヒメカードについての紹介

オリヒメカードについての読者レビュー

元外交官が教える24時間でお金持ちになる方法


タイトル元外交官が教える24時間でお金持ちになる方法
著者原田 武夫
出版社インデックス・コミュニケーションズ
価格1575円
発送可能日通常24時間以内に発送
素人の株談義
レビュー日:2007-04-20  評価:★☆☆☆☆
本書のポイントは、株でもうけるためには人より早く起きて、人よりこまめにニュースをチェックすることが大切で、それでつかんだ材料に基づいて投資をしなさいと言うことです。

会社の就業時間中は仕事に集中している人が多いので、著者の言うように休憩時間にこまめに携帯で相場やニュースをチェックするわけには行かないでしょう。

本書は情報をつかむこつを1日、1週間、1年間の3つのサイクルで説明しています。

週刊誌は「週刊現代と週刊ポストに注目」とありますが、これで著者のレベルがわかります。部数の多い週刊文春・週刊新潮には注目しなくてよいのでしょうか。エコノミストや東洋経済、週刊ダイヤモンドは必要ないのでしょうか。月刊誌では選択やFACTAは読まなくて良いのでしょうか。

また、著者は企業の業績も粉飾がある可能性があるから見ないとしていますし、チャートも見ないとしていますが、これは全く素人の議論です。最終的にこれらの情報を採用しないにしても、参考情報として見ておくことは私の経験では有効です。

そもそも著者の議論は個別株中心でTOPIX連動のETFを買うことは書いていません。著者は現代投資理論を知らないように思えます。

それでも参考になったこともあります。海外の休日を押さえること、ファンドマネジャーは3ヶ月単位で行動することなどです。


情報源はどこにあるのか?
レビュー日:2006-07-24  評価:★★★☆☆
この本に書かれていることを毎日こなすのは大変ですし、その必要もないと思います。これまでの人生(生活)から皆さんそれぞれの情報源を持っているからです。この本には様々な情報源が書かれていますので、自分の生活環境のなかで活用(実践)でき、且つ、有効と思われるものをピックアップすればよいと思います。

ど素人にもわかりやすかったっす
レビュー日:2006-03-05  評価:★★★☆☆
ページがゆったりしていて、項目も適宜分かれているので、初心者でもつらくなく読めると思います。なるほどー。どんな情報をチェックすればいいのか、どんなサイトのどんな指標を見るのか、わかりやすかったです。お金持ちはまめ&情報力ということでしょうか。

結局は努力ってことだね
レビュー日:2006-02-08  評価:★★★☆☆
お金儲けのノウハウというよりは、
日々の生活の中で情報をいかに得るのかを説明した本。

素人が日々の生活の中で入手できる金融情報の取り方を
実践的に説明しているところが本書の特徴かと思われます。

確かに本書で書かれた流れで日々を過ごし、
その日その日の市場の流れ、動きを観察し、記録して
ゆけばそれなりのものになるとは思う。
問題はそれを続けられる根気があるかって話になりそう。

ちなみに元外交官だからこそ、って思えるような記述はあまりない…

日々の生活の中でどうやって効率よくマーケットの情報を得ればいいか
知りたい方にお勧めの本です。

投資初心者に最適!
レビュー日:2006-01-28  評価:★★★★☆
株や外為をしてみたいけど、どこから情報を取ればいいのか、何の情報が有用なのかイマイチよくわからん!っていう方に最適の書です。

一日のうちに、一週間のうちに、一年のうちに。
どこから情報をとればいいのか、書いてあります。
しかも、そんなにお金のかからない方法ですから、努力さえすれば結構誰でもイケルと思います。

その努力が難しいですけどね。




電子マネー最終戦争


タイトル電子マネー最終戦争
著者岩田 昭男
出版社洋泉社
価格1000円
発送可能日通常24時間以内に発送



最新 入門の入門 債券のしくみ (入門の入門)


タイトル最新 入門の入門 債券のしくみ (入門の入門)
著者五十嵐 秀二,高橋 栄二
出版社日本実業出版社
価格1575円
発送可能日通常24時間以内に発送
債券投資初心者向け
レビュー日:2006-07-15  評価:★★★★☆
債券の種類から、発行〜償還までのしくみ、相場の見方、最近の動向、債券投資のポイント、デリバティブまで。
本書一冊で、債券についてのあらゆる要素を、網羅的かつ簡潔に説明されているため、債券投資を考えている方なら、最初に読む一冊としては、最適な本と思います。
また、ほとんど全ての項目について、効果的な図解があるため、複雑な内容も理解しやすくされている点もお薦めです。




金融腐蝕列島 (上) (角川文庫)


タイトル金融腐蝕列島 (上) (角川文庫)
著者高杉 良
出版社角川書店
価格600円
発送可能日通常24時間以内に発送
百鬼夜行の現代を描きながらも、ど真ん中を貫く人間正義
レビュー日:2007-04-26  評価:★★★★★
この「金融腐敗列島」は、明らかにバブル期のS銀行がモデルになっている。
「向こう傷は問わない」とアグレッシブな行動であれば、ミスがあってもその人物を評価する、
という向こう受けのするフレーズで頭取になったI氏が、
ちょうど会長になって独裁的な経営をしていた頃の話を元にしている。

I氏が、人事や経営を思うがままにしていたS銀行が、
I氏の既婚の娘が企業舎弟に籠絡され、離婚してその男の妻となり、10億円以上の援助をもぎとられたり、
右翼との渉外のために超大物総会屋・児玉誉士夫が実名で登場し、
S銀行の改革グループの中心人物(部長代理)の依頼で仲裁をしていく様は、あまりにもリアルである。
また、腐りきった会社を捨て身で建て直そうとする主人公の姿は清々しさを与える。

この後時代は、大蔵省幹部官僚による収賄事件、銀行・証券会社の不祥事へと繋がっていく。

高杉良氏の小説には、泥沼の社会を描きながらも全体を通じて一本の「正義」という骨で貫かれている。
深く綿密な取材にくわえて、この魑魅魍魎の社会において、
「人間がなすべき道」を見つめる高杉氏の小説が愛される所以だと思う。

面白い
レビュー日:2005-03-03  評価:★★★★☆
初めて高杉良氏の経済小説を読みました。端的に面白かったです。2005年の今、総会屋や不正融資事件の話を読んでも古いだけかと思いきや、事件や当時の経済の背景が楽しく読むことができ、非常にためになりました。

これは堪らない…
レビュー日:2004-06-04  評価:★★★★★
経済小説の第一人者である氏の代表作!その取材力は超一流と聞いていたのだがこの作品がまさにそうだった大手銀行で繰り広げられる展開に読み手はすぐに引き込まれてしまうだろう今、読んでもショッキングなストーリーだった…

金融は再生したか
レビュー日:2004-03-06  評価:★★★★★
 今、あらためてこの本を読んでみておもうのは、銀行という組織の持っている一種のおろかさである。 はたして本書の主人公竹中が願ったように銀行は再生したのだろうか? 銀行という巨大な組織だからこそ持ちうるおろかさを浮き彫りにし警鐘をならした作品。

人物描写が非常にリアル!
レビュー日:2002-09-21  評価:★★★★★
高杉良の作品は初めて読んだが、面白かった。主人公が、読んでいるうちに人格を持って動き始めるようで、人物描写が非常にリアルであった。スキャンダラスな内幕という意味では、過去に報道されたものであるが、小説というジャンル、手法で再構成されると、読み進めるうちに実際に起きたこと以上の現実感を感じてしまう。評判になるのは頷ける。




外資系投資銀行の現場 改訂版


タイトル外資系投資銀行の現場 改訂版
著者西村 信勝
出版社日経BP社
価格2730円
発送可能日通常24時間以内に発送
外資系投資銀行から見た日本の金融再編
レビュー日:2005-03-02  評価:★★★☆☆
この本は大きく分けて3つの構成に分かれていると思います。まず最初は、外資系投資銀行から見た日本の金融再編です。アメリカ等の規制緩和や金融界のM&Aをモデルにしながら日本の金融界がどのように再編されてゆくのか、UFJHとMTFGの合併の実例なども踏まえながら、投資銀行の視点を通して金融界再編全体像が見えるように非常にわかり易く書いてあります。ふたつ目は、あまり素人にはなじみのない実際の投資銀行がどのような組織の関係で成り立っているのかが詳細に書かれてあります。外資系投資銀行の組織図とその役割の全体像を理解するには大変よくかかれてありますが、その現場の空気が伝わるような筆者の体験談などは皆無です。外資系金融機関の空気を感じるのであれば、ポール スタイルズの「さよならメリルリンチ」などがよいのではないでしょうか。最後に、外資系投資銀行の業務であるM&AやVARに基づいた投資戦略などが綴られています。VARの説明などは理論の説明に跳躍が多く、また具体的にどのように現場の人間の判断に生かされているのか記述が不十分で不満の残る内容でした。またM&Aについては筆者の経験談がなく一般論に終始しているように思われます。M&Aに関してはやはり、実際のM&A経験がある辣腕企業弁護士が書いた「ビッグ ディール」のような本で理解したほうがよいと思います。内容の後半部分にはかなりの不満が残りますが、前半の投資銀行の視点から見た日本の金融界の再編の部分などは非常に良著だと思います。




日本クレジット総論 (現代の錬金術師シリーズ 46)


タイトル日本クレジット総論 (現代の錬金術師シリーズ 46)
著者安田秩敏
出版社パンローリング
価格3990円
発送可能日通常24時間以内に発送
債券関係のバイブルとなりそう
レビュー日:2007-08-09  評価:★★★★☆
個人投資家向けのトレード手法の本ではありません。
本書は債券に関して基礎から丁寧に解説している言わば「教科書」です。
業務上で債券関連の仕事に従事する人にとっては、最高のテキストとなります。
著者は長年、債権トレーダーやクレジット業務に従事してきた本物の
プロであり、内容には間違いありません。




マンガと図解で入門!貿易書類のことが全部わかる本―輸出・輸入に関する全書類の流れと作成のしかた この1冊ですべてOK!


タイトルマンガと図解で入門!貿易書類のことが全部わかる本―輸出・輸入に関する全書類の流れと作成のしかた この1冊ですべてOK!
著者坂崎 正治,高橋 則雄,東 道子,木村 雅晴
出版社こう書房
価格1680円
発送可能日通常24時間以内に発送
これからどんどん
レビュー日:2005-06-01  評価:★★★★☆
転職先が輸入会社だったので、急いで買いました。輸入の流れを先に読んでいたので、説明を受ける際にも早く理解ができて助かりました。これからもどんどん活用できそうです。




クレジットカードの知識 第3版


NO_IMAGE
タイトルクレジットカードの知識 第3版
著者水上 宏明
出版社日本経済新聞出版社
価格872円
発送可能日通常24時間以内に発送
クレジッカードかなくなる日
レビュー日:2007-07-12  評価:★★★★★
金利規制の変更でカード会社は青息吐息だそうだが、その理由がよくわかった。消費者には年会費無料でポイントも稼げるいいカードなのだが、内情はそれをウリにキャッシングで儲けていたのである。
著者はこの現状を踏まえて、クレジットカードは決済ビジネスに舵をとらないと、消費者がクレジットカードを使えない日が来ると危惧している(怖っ)。
そのための方策にまで踏み込んだ第3版は、今後のカードビジネスを占う意味で必読の書だ。
(大人は読んだほうが良いよ!)








伝説の株必勝法「W.D.ギャンの28鉄則」 (小学館文庫)


タイトル伝説の株必勝法「W.D.ギャンの28鉄則」 (小学館文庫)
著者林 康史
出版社小学館
価格500円
発送可能日通常4?5日以内に発送
自分の運用ルールを作る際の参考に
レビュー日:2006-08-02  評価:★★★★★
株式取引を継続的するためには運用ルールが必要ですが、本書はその運用ルールを考える際に参考になると思います。
本書にある普遍的なルールの中から自分のフィーリングにあったルールを選び出し、実際のオペレーションに落とせばいいんじゃないでしょうか。




お笑ひプライベートバンク―お金持ち限定ビジネスの知られざる生態系へようこそ!


タイトルお笑ひプライベートバンク―お金持ち限定ビジネスの知られざる生態系へようこそ!
著者梨 士群
出版社カナリア書房
価格1470円
発送可能日通常2?3日以内に発送
まさしく「お笑ひ」。でも、PBの本じゃない。
レビュー日:2007-04-27  評価:★★★★☆
 いやいや、笑った笑った。設定も内容も見事である。金融コンサルタントと呼ばれる人間達の姿をこれほど見事に描き出した本は希だろう。多分、著者は上海人などではなく日本人なのだろうが、そりゃこれだけ書けば本名や所属機関が多少なりともばれるようなことは絶対に避けるだろうなと思う。
 特に香港での項は爆笑もの。随所に出てくる、「フィクション」であるはずの会社名などがその面白さを増す。
 ただ問題は二つあって、ひとつは単なる業界の暴露本であるということ。業界の人間は抱腹絶倒だが、資産運用や金融機関と関係無い人にとっては混乱を招くだけの本だろう。もうひとつはタイトルに偽りあり。PBについての記述はお粗末そのもの。多分、著者はPBのことは詳しくないけど、PBという文言をタイトルに入れた方が売れると判断したからだろう。PBに口座を開けようと思っている人が読んでも、なんの役にもたたないところが星一個足りない理由。
 でも、久々に笑った本でしたなあ。

業界
レビュー日:2006-01-17  評価:★★★☆☆
著者はとにかく正体不明。 何の目的でこの本を書いたのかよくわからないのですが、
金融危機本をさまざまに読んだ人にとっては爆笑箇所が満載です。
でも、業界関係者しか笑えないかもしれないよ。この本を読んで笑えるかどうかで、
「業界度」が計れますね。
国家破産を煽る本によって右往左往させられているお金持ち。
(実はお金持ちでないのに右往左往している人も多く、右往左往していないお金持ちもまた多い)
それにつけこんでファンド(そのうちの一部は、「あやしげなファンド」)を売り込もうとする人々を
笑い飛ばしています。
主人公(?)のモチダ婆さんは、細かいことを理解しようとしないことは一般のおばあさんと共通ですが、
すばらしいのは実行力です。彼女は、それこそどこにでも行ってしまいます。
このように実行力があって、見切りをつけるのも早い人はどんな時代でも生きていける。
多少は変な人にだまされるかもしれないが・・・
金融危機本を読むのに疲れてしまったあなたにお薦めです。

マンガのような面白さの本
レビュー日:2005-06-21  評価:★★★☆☆
マンガのような面白さの本。(笑)何も知らない人は、こういう世界もあるんだと、自分への警笛になると思います。ただし、情報は少ないです。途中主語述語がねじれているのか、分かりにくいところもありますが、読み物として面白い本です。(笑)

誰の役にも立たない
レビュー日:2005-01-12  評価:★☆☆☆☆
情報が少なすぎるので深く研究している人には意味がない。皮肉めいて書こうとしているため知識がない素人には分かりづらく具体的な情報も記載されていないので参考にも勉強にもならない。誰にとっても読む価値が低い本です。

踏み絵のような本です
レビュー日:2004-12-16  評価:★★★★★
踏み絵のような本だと思いました。身近に「脅し本」(この本の表現)好き、資産運用セミナー好きの複数のお金持ちがいるので薦めたところ、某セミナー主宰者に大金を預けた人は「不愉快な本だ。つまらん」と怒っていました。その人には「大金を預けて不安になっている」部分、いわば心の傷口があり、そこに塩を塗られた感じがしたのでしょう。セミナーを胡散臭いと感じた他のお金持ちは「オレもこんな勧誘を受けたことがある」と喜々として感想を聞かせてくれました。「おちゃらけているけれど、内容はリアル」だそうです。内容的には良いところを突いていため、あとはその人の立場によって怒るか、笑うか、踏み絵的な反応をするということなのでしょう。私は知らない世界を垣間見ることができた感じがして楽しめました。ただ物語の設定や文体などから判断して、本は金融本というより、エンターテイメントの一種として読むべきなのかもしれません。金融本に興味のない人でも結構、ハマりますよ。




オリヒメカード page i オリヒメカード page 2 オリヒメカード page 3 オリヒメカード page 4 オリヒメカード page 5 オリヒメカード page 6 オリヒメカード page 7 オリヒメカード page 8 オリヒメカード page 9 オリヒメカード page 10 モビット page i アイワイカード page i E-NEXCO page i 金融 page i オリヒメカード page i おりひめカード page i はっぴーまま page i スプレッド page i 即日 キャッシング page i 即日 クレジットカード page i Jデビットカード page i ハッピーママ page i